サルバチアダイエット!腹持ちが良くなきゃ無理に決まってるでしょ

知人にすすめられて、置き換えダイエットに最高だって言うから、とりあえず1食だけでもサルバチアにしてみようかなって思ってみた私。

チアシードは、あのミランダ・カーが「朝食には欠かせない」って言ってたくらいだし、日本の芸能人の間でもかなりの人気ですもんね。

ということで、スーパーフード「サルバチア」についてまとめてみました。

サルバチアってなんなの?

南米生まれのサルバチア。従来のチアシードを10数年もかけて品種改良してできた「進化したチアシード」です。ホワイトチアシードとも呼ばれています。

一般的なチアシードに比べ、相対的に栄養価が高く、オメガ3脂肪酸、食物繊維、タンパク質をはじめ、必要とされるさまざまな栄養素が含まれています。

サルバチアの栄養価は?

見た目はただの小さな粒ですが、食物繊維(グルコマンナン)、タンパク質のほか、カルシウムやマンガン、マグネシウム、リン、亜鉛、カリウム、ビタミンB1(シアミン)、ビタミンB2、ビタミンB3(ナイアシン)といったビタミンやミネラルが豊富に含まれており、良質な脂質とされるオメガ3脂肪酸も豊富に含まれています。

カロリーは大さじ1杯(約12g)で55kcalくらい。そんなに高くはないんですね。

サルバチアがダイエットに適している理由は?

チアシードは水溶性の食物繊維グルコマンナンでできていて、これが水分をめちゃめちゃ吸収します。水分を吸収すると約10倍に膨らむんですね、これが。で、膨らむと、タピオカのような感じの半透明の膜で覆われたようなものになります。したがって少ない量でも、胃の中でよく膨らんで満腹感が得られるのです。

腹持ちが良いので、間食がいらなくなったり、食べ過ぎ防止にもつながるので、そういった意味ではダイエットにとても適していると思います。

私、お腹が空いてるのを我慢しなきゃいけないダイエットなんて、よっぽど意思の強い人じゃないとうまくいかないと思ってるから、そういった意味では「腹持ちが良いサルバチア」なら誰でもダイエット出来ちゃうんじゃないかな、って。

また、食物繊維は便秘改善に欠かせないほか、心臓病や糖尿病の予防にも効果があるなど、サルバチアはさまざまな面で優れた食材と言えますよね。

サルバチアは病気の予防にも適してるって本当?

サルバチアに豊富に含まれているオメガ3脂肪酸は、コレステロール(LDLコレステロール:悪玉コレステロール)や中性脂肪を下げる効果があり、肝臓の病気(脂肪肝など)、動脈硬化、心筋梗塞、高血圧、高脂血症、加齢性黄斑変性、メタボリックシンドロームなどの予防効果が期待できます。

また、花粉症やアトピー性皮膚炎などアレルギー症状の緩和したり、うつ病のリスクを軽減したり、イライラを抑える効果も期待できます。その他、美肌効果、便秘解消効果、痛みや炎症を抑える効果なども期待できるそうです。

さらに、サルバチアには体がサビつくのを防いてくれる抗酸化物質が豊富に含まれています。抗酸化物質は、体内の活性酸素を除去し、ガンを予防したり、アンチエイジングや疲労回復、免疫力増強など、さまざまな効能があることで知られています。

まとめ

スーパーフード「ホワイトチアシード」とも呼ばれるサルバチア。栄養価が高く、腹持ちが良いのでダイエット食として最適です。サルバチアに豊富に含まれているオメガ3脂肪酸にはさまざまな病気の予防効果もあります。

シェアする

フォローする