小顔スティックピコは効果なし!と思ってる人、ちょっと聞いて

小顔スティックPICOピコのアピールポイントは

1日たった1分の使用でOK!

7日間で違いを実感した方98%!!

つまり、「簡単でスピーディーな効果」がウリってこと。

98%ならイケるんじゃない?

普通は皆そう思いますよね。

ところが、実際はと言えば、チャクラブックとにらめっこしながら、毎日毎日一生懸命小顔ケアをやってはみたものの、ぜ~んぜん効果なし。

そんな方もいらっしゃいますよね。

かくいう私もその一人。

正直、なんで自分が残りの2%のグループなんだろう、って凹んでいたのですが。。。

たまたまとある勉強会で、小顔スティックPICOピコを販売している専門の方から、ピコの特性や使い方をこと細かく教えていただく機会を得たところ、、、

なんと自分が正しい使い方をしていなかったことが判明!

あらあらなんてことでしょう。

実演していただいたところ、ものの数分で目のクマがとれるは口角は上がるは、、、で、もうビックリ。

マジックなんかじゃありません。本物の効果!

私は今までいったい何をやっていたのでしょう。

実は小顔スティックピコでケアを始める前に、最初にやっておくべきことがあったのです。

>>正しく使えば素晴らしい効果!大満足の美顔器ピコはこちら

小顔スティックピコの正しいウォーミングアップとは?

写真をよく見てください。そうです。まずはココ、最初に耳の下のこのポイント(窪み)を押してください。ここを押すことで顔にたまった老廃物(固くなった脂だと思ってください)を流す道を作ってあげることになります。

これが美顔ケアのウォーミングアップということ。

まずはこれをやらないと、いくらピコで美顔ケアをしても結局は老廃物が流れていってくれないので、なんだか効果がいまひとつだな、なんてことになってしまうのです。

これ、ピコの公式サイトにはどこにも書いてないんです。勉強会で聞いて初めて知った情報なんですよ。

小顔スティックピコで美顔になる理由は?

ピコで顔のポイントを押すと一体何が起こるのでしょうか。

実はピコには「寝てしまっているコラーゲンを目覚めさせる」効果があります。

コラーゲンは若い時は体内を流れていますが、年齢とともに少しずつ固まってきて、やがて体内で眠ってしまいます。

これをピコで押すことで、目覚めたコラーゲンが再びめぐるようになり、徐々に若い時のようなハリのある肌になっていくのです。

>>目覚めるコラーゲンでぷるぷるのお肌へ!美顔器ピコはこちら

小顔スティックピコはどんなことが改善できるの?

小顔ケアで有名になっているPICOピコですが、実はピコには小顔効果だけでなく、下記のような様々な効果が期待できちゃうのです。

・ほうれい線

・ゴルゴライン

・マリオネットライン

・目の下のクマ(黒クマと青クマ)

・むくみ

・クスミ

・たるみ(リフトアップ)

・乾燥肌

・肩こり

・エラの張り

おお~ これが、ホントなら凄いことですよね。ってホントだから驚いちゃうわけで。。。

例えば、ほうれい線。

固くなった頬が落ちてきてシワを作ってしまうわけですから、ほうれい線の上側をピコで押してやわらかくしてあげれば頬は落ちてこなくなり、シワは消えていきます。

最初に耳の下のポイントを押すことを忘れないでくださいね。老廃物の流れる道を作っておかなければダメですよ。

>>ほうれい線が気になるあなたにこそ使ってもらいたい!美人ピコはこちら

小顔スティックピコが効かないのはどんな人?

元気があって血行が良い10代や20代の若い人にはピコは効きません。というより必要ありません。

ピコでケアすべき部分、治すべき部分が最初から健康な人は、せっかく使ってもらっても効果はほとんんど感じられないはずです。ピコを使ってわざわざ美顔ケアをする必要がない人(シワやたるみのない人)には劇的な変化は起きないと思ってください。

30代後半以降の人(特に40代~60代の人)では顔の元気さが少しずつ低下してきますので、そういう人たちにはピコは良い効果を発揮してくれることでしょう。

小顔ピコが高い!と思っている人、ちょっと聞いて

小顔スティックピコの価格は29,900円(送料無料)です。

う~ん、安くないですよね。主婦が簡単にポンっと買える額ではないと思います。

でもここでよ~く考えてみてください。

美顔器と言えばまず思い浮かぶのが「リファ」。これは大体25000円くらいですから、ピコとそんなにかわりませんよね。

実はコロコロするリファは、副交感神経優位のリラックス状態というよりは交感神経優位の腕の運動になってしまってるので、美顔ケアとしてはけっして良い状態とは言えません。

また、日中お化粧している状態ではその上からコロコロ出来ませんが、ピコなら押すだけですから、お化粧の上からでもいつなんどきでも、サッとポケットから出して美顔ケアができる利点があります。

美容鍼と比べてみてもピコはけっして高くないんですよ。

1回の施術で大体1万円くらいする美容鍼。その効果は間違いなく期待できるものですが、施術は1回で終わりではなく、何回か通わなければなりませんし、何より顔に鍼を刺してもらうのってちょっとコワイですよね。何を隠そう、私も1回行ってやめちゃった派です。20数本打ってもらった鍼のうち1本がちょっとだけチクッと、、、ホント臆病者なんです(^_^;) 

小顔スティックピコは家庭で簡単にできる美容鍼というコンセプトで作られています。つまり、痛くない美容鍼です。

しかも、制作段階で20万回のテストに合格しています。おそらく10年は余裕で使えるはずです。

小顔スティックピコは、リファを買うより便利で、美容鍼の施術を受けるより手軽。

1本あれば

ほうれい線、ゴルゴライン、マリオネットライン、目の下のクマ(黒クマと青クマ)、むくみ、クスミ、たるみ(リフトアップ)、乾燥肌、肩こり、エラの張り、など

いつでもどこでも簡単に気軽にケアできちゃうんです。

なんか希望が湧いてきますよね。

さあ、あなたなら何を選びますか?

>>私ならピコを選ぶ!という方はこちら

まとめ

小顔スティックピコは正しく使えば間違いなく良い効果が得られます。最初に耳の下のポイントを押して老廃物の流れる道を作ってから、顔の気になるところを押していけばOKです。

ほうれい線、ゴルゴライン、マリオネットライン、目の下のクマ(黒クマと青クマ)、むくみ、クスミ、たるみ(リフトアップ)、乾燥肌、肩こり、エラの張り、などに良い効果が期待できますよ。

小顔スティックピコは30代後半以降(特に40代~60代)の人に良い効果が期待出来ます。10代~20代の若くて元気があって血行の良い人には効果は感じられないでしょう。つまりケアの必要がない若い年代の人がピコを使っても劇的な変化は見られない、ということです。

シェアする

フォローする