美しく整える!ヘアオイルの魅力と正しい使い方

ヘアオイルはしなやかでツヤのある美しい髪と健やかな頭皮を保つためにとても有効なアイテムです。

しかしながら、ベタつくイメージがあったり、使い方がよくわからないなどといった理由から、敬遠される方も少なからずいらっしゃるようです。

ヘアオイルは上手に使えばベタつかず、ダメージを受けた髪の補修効果も期待できる優れものです。

ここではヘアオイルの魅力をご紹介していきたいと思います。

ヘアオイルの役割は?

ヘアオイルは、パサパサになってしまった髪に潤いやツヤを与えるだけでなく、トリートメントなどで補給した潤いと栄養をしっかり逃がさないように蓋をしてくれる、いわゆる「保湿」としての役割を持っています。

肌につける化粧水と乳液の関係のように、トリートメントの後のヘアオイルは髪にとっての乳液のようなものとイメージしてもらえば良いでしょう。

ヘアオイルの効果は?

保湿効果:ヘアオイルは髪の表面をコーティングする働きがあるので、傷んだ髪に薄く伸ばすことで髪の乾燥を防ぐ効果が期待できます。また、髪の水分や栄養を外部に逃がさないよう保つことで、パサつきや髪の広がりを予防します。

熱遮断効果:ヘアオイルは髪をコーティングすることでドライヤーの熱から潤いを守ってくれます。ドライヤーを当てる前にヘアオイルをつけることで適度な水分を保ってくれるので、乾かし過ぎて髪を乾燥させる心配がなくなります。

摩擦防止効果:ブラッシング時の摩擦や寝ている時の枕などとの摩擦は意外と髪にダメージを与えてしまうものです。ブラッシング前や就寝前にほんの少しヘアオイルをつけることで、摩擦による髪のダメージを軽減させる効果が期待できます。

静電気防止効果:空気が乾燥している冬の季節は普通にしていても髪が乾燥しすくなり、静電気も起こりやすくなります。そのような時でも、ヘアオイルを使用することで静電気を防ぎ、髪をしなやかに保つことが期待できます。

紫外線予防効果:紫外線による髪や頭皮のダメージは意外と大きいものです。ヘアオイルは紫外線から髪や頭皮を保護してくれます。特に夏の時期はシャンプー後のアフターケアにヘアオイルを使うことで、日中の紫外線のダメージを軽減してくれる効果が期待できます。

ヘアオイルの使い方は?

ヘアオイルの使い方はけっして難しくはありません。必要以上に多くつけすぎない、手に取ってそのまま髪の表面につけないなど、ちょっとした点に気をつけるだけで良い効果が実感できるはずです。正しい使い方でダメージに負けない美髪を手に入れましょう!

ヘアオイルの量

へアオイルはつけ過ぎはNGです。ショートヘアであれば1~2滴の量、セミロングであれば2~3滴、ロングであれば3~4滴を目安にしてつけてみるとよいでしょう。

ヘアオイルをつけるタイミング

へアオイルは次のタイミングでの使用がおすすめです。

①髪を乾かす前

髪は濡れるとキューティクルが開くので色々な成分が浸透しやすくなります。そのタイミングでヘアオイルを使用するのが一番効果的です。

例えば、シャンプー後のタオルドライしたばかりのまだ濡れた状態の髪に使うと、ドライヤーの熱から保護してくれる効果もあり、一石二鳥です。

②髪を乾かした後

髪が乾いてからブラッシングする前にヘアオイルをつけると摩擦防止効果などが得られます

③朝出かける前

朝のスタイリングの前にヘアオイルを使用すると髪がまとまりやすくなります。さらにツヤも出て仕上がりがきれいになります。

上記以外でも、日中気になったときにヘアオイルをほんの少し馴染ませることでこまめに保湿し髪のダメージを防ぐことができますよ。

へアオイルのつけ方

オイルを手のひらに出したら両手で指の間までしっかりのばし、髪の内側(まずは襟足からが良いでしょう)に手を入れて、揉みこむように馴染ませます。

さらに毛先全体に馴染ませ、最後に手に余ったオイルを髪の表面に馴染ませます。

指4本で手ぐしを通すようにしながら馴染ませていくとうまくいきますよ。

おすすめのヘアオイルは?

ヘアオイルにはたくさんの種類があり、それぞれ特徴も効果も異なります。

自分の好みや髪の状態(白髪、抜け毛、枝毛、フケ、乾燥など)に合わせて選ぶのが一番ですが、ここでは個人的におすすめしたいオイルをご紹介します。

ホホバオイル

ネイティブ・アメリカンに「命の植物」と呼ばれたホホバ。

人間が生まれたときに皮膚や毛髪、角膜など、体の表面にはワックスエステルという成分が満ちていて、それが年齢とともに減少していくのですが、そのワックスエステルを含む唯一の植物がホホバです。

ホホバの種子から抽出されたホホバオイルはワックスエステルやビタミンEを豊富に含み、美しく豊かな髪を維持してくれます。

アルガンオイル

「モロッコの黄金」と呼ばれ、モロッコの一部でしかとれない貴重なオイルです。

オレイン酸とビタミンEが多く含まれており、抗酸化力が非常に高くアンチエイジング効果が期待できます。

保湿効果があり、皮膚のバリア機能を強化したり皮脂分泌効果などもあります。枝毛などのダメージを修復し、髪の毛の状態を改善させてくれます。

この他にも、オリーブオイル、ココナッツオイル、セサミオイル、アボガドオイルなど、たくさんのヘアオイルがありますので、好みや髪の状態に合わせてお使いいただくのがよろしいでしょう。

まとめ

ヘアオイルは、髪の表面や頭皮をコーティングすることで、保湿効果を生むとともに、乾燥、熱、摩擦、静電気、紫外線などで髪が受けるダメージを和らげてくれる働きがあります。

ヘアオイルは、つける量、つけるタイミング、つける場所などちょっとした点に注意して使うことでその効果を実感できます。

ヘアオイルにはたくさんの種類がありますが、ホホバオイルとアルガンオイルが個人的にはおすすめです。

シェアする

フォローする