妊娠線の予防とケアはいつ始めるの?おすすめクリームやオイルは?

おなかに赤ちゃんができると、日に日に大きくなっていくおなかに愛情を感じるようになりますよね。大きくなっていくおなかは、赤ちゃんが健やかに育っている証拠。おなかをさすりながら赤ちゃんに話しかける。妊婦さんにとってはまさに至福の時ですよね。

健康で丈夫な赤ちゃんが生まれてくるよう、あらゆる努力をしよう、そう考えるのが母親の常でしょう。そして、自分の美容に関しては後回しでも良い、そういう方も少なからずいらっしゃることでしょう。

確かに妊娠中はいろいろなことに気を使わなければならず、ご自身の美容にまで手が回らない、ということもあるかもしれません。ですが、この大きくなっていくおなかのケアをきちんとやっておかないと、のちのち残念な跡が残ってしまうことになります。それが妊娠線です。

女性100人の声から生まれた【マタニティクリーム】

妊娠線ができる原因は?

妊娠線とは、大きくなっていくおなかに皮膚が追いついていけないために起こるものです。

皮膚の1番上の表皮と呼ばれる部分はのびやすいのですが、もっと深いところにある真皮などの部分は急激なのびに対応することができず、亀裂となってあらわれてしまいます。

皮膚の表面にできた傷であれば、自然に治りますが、真皮にまでダメージがでてしまうと、きれいに治ることはありません。妊娠線はできないように予防することが大切なのです。

妊娠線を予防するには?

一にも二にも保湿が肝心です。水分と油分をバランスよく与える必要があります。

手軽にできるのはクリームを塗ること。毎日、お風呂上りなど清潔な状態のお肌に、やさしく塗るようにしましょう。ボディクリームを代用しても構いませんが、妊娠中はにおいに敏感になっています。香りがついているものを使う時は気持ちが悪くならないよう注意しましょう。

お肌の上をすべらせるように塗っていくので、のびがいいものがおすすめです。大きくなっていくおなかばかりにに注意が向きがちですが、おなかだけでなく、太ももやおしり、胸や二の腕にも妊娠線ができることがあります。これらの部位も意識して塗るようにしましょう。

妊娠線予防クリームがおすすめ

妊娠線を予防するための専用のクリームも販売されています。赤ちゃんに使っても大丈夫なやさしい成分でできているものや、無香料であるなど、すべての製品が妊娠中に安心して使えるようになっています。

元々乾燥肌であったり、二人目の出産などの場合は、特に皮膚が断裂しやすい状態です。予防は早く始めた方がいいでしょう。小柄な人も、おなかが前に出る傾向にあるため、できるだけケアしてあげるようにしましょう。

妊娠線予防クリームの選び方は?

ケアしてあげる際に、続けやすい価格であるというのも大切な条件です。高額なクリームの方が効果がありそうですが、妊娠期間中というのは意外と長いものです。ケアは、1回だけ行うよりも、継続して行うことが大切です。高い物を1つだけ使うよりも、続けやすい価格の物を継続的に使うようにした方が効果があるでしょう。

塗りやすさや、お肌への塗り心地といった使用感も大切です。自分が気に入ったものであれば、毎日楽しく使うことができるでしょう。

AFCの妊娠線クリーム【マタニティクリーム】

いつから予防・ケアを始めたらいいの?

妊娠線ができやすいのは、おなかが大きくなる妊娠5~6カ月頃です。いきなり大きくなるわけではなく、毎日少しずつ大きくなっていくのですが、自分では変化に気づきにくいものです。この頃には、きちんと保湿を行い、お肌がやわらかくなるようにしましょう。こうすることで、皮膚ののびが良くなります。

理想としては、妊娠が分かった段階ですぐに保湿を行うといいのですが、初めての妊娠ではそこまで気が回らないかもしれません。つわりがひどいときは、お肌のことまで考える余裕もありません。妊娠中は無理をしないようにして、気がついてからでいいので、自分に余裕があるときにケアを始めるようにしましょう。

妊娠線予防オイルもおすすめですよ

妊娠線を予防・ケアするには専用クリームだけでなく専用スキンケアオイルもおすすめです。妊娠中で敏感なお肌のママさんのためにケミカルフリー・無添加にこだわったスキンケアオイルがありますので、ご興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

お肌のハリを取り戻す!馬油オイル

最後に

妊娠線は、クリームやオイルで保湿すればある程度予防することはできます。おなかだけでなく、他にも妊娠線のできやすい部位、例えばおしり、太もも、胸、二の腕といった部位にも、毎日塗るようにしていきましょう。ただし、何としても塗らなければという意識で行うと、ストレスになってしまいます。自分が楽しく塗れるようなクリームやオイルを探して、ストレスにならないように使っていきましょう。

シェアする

フォローする